IT関連企業の残業事情

IT関連企業において、残業は不可欠であり、残業は社員はもちろんアルバイトでも派遣でも
強いられることがある。
IT企業で、平均的な残業時間は月に30時間から100時間以上とさまざまである。
毎日毎日、残業するのは当たり前で、定時という表現自体「都市伝説だ」と言われることもよく耳にする。

しかしながら、業務を行うに当たり、毎日残業を行い
帰りが終電なんてことも珍しくない業界なだけあって、
ノー残業デイを取り入れた企業もある。

たとえば毎週水曜日はノー残業デイの為、定時で帰ることができる。などだ。
おかげで週の中日に飲みに行けたり趣味に時間を使うこともできるようになり
結果、モチベーションが上がり、業務成績を伸ばすことが目的だ。

また、残業のルールに時間を制限しているものもある。
たとえば、残業時間が月に30時間までと決められた時間が指定されている場合、
30時間以上の残業代は支払われない。

給料は支払われないが、月に100時間以上残業を強いられるケースもある。
これは上の役職に行くほど多いことで、アルバイトはそういった決まりがないことが多く
働けば働くほど収入にすることができる。

よってアルバイトは残業があればあるほど稼げて、社員となると残業があればあるほど
給料が減ってしまうよくわからないサイクルが出来上がりつつある。

しかし、社員になると保険や賞与などその他いいことも沢山あるので
今後の自分の人生計画のなか、選べばいいと思う。’

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です